スマホ

docomoらくらくスマートフォン4とY!mobileを比較

投稿日:


なんだかんだで続いているらくらくスマートフォン4との比較記事第4弾
ナンバリングタイトルにすればよかったなぁと思いつつ、今日も比較していきましょう。
(過去記事はサイトマップを参照してください。)

docomoの場合

母(長電話)にらくらくスマートフォン4を持たせようとすると、月額は
カケホーダイ2700円+シェアオプション500円+SPモード300円ーはじめてスマホ割1520円で
1980円(3年目からは3500円)になります。

まぁスマホで3500円なら安いと思いますが
Y!mobileならどうなるか。今回はそれを検証してみたいと思います。

Y!mobileの場合

最安プランはスマホプランS
通話が10分まで無料・データ通信量2GBで1980円です。(2年目からは2980円になります)
スマホプランM・Lも通話10分は同じでデータ通信量が6G・14Gとなります。

これは長電話するには適しませんが、これしか料金プランがないのでプランSで計算してみましょう。
10分以降の通話料金は20円/30秒なので40円/分となります。
3500-2980=520円、520÷40=13でY!mobileは13分以内の通話の場合のみお得になります。
もう、問題外ですね。

結論

月額が定額3500円のdocomoの圧勝です。
(シェアオプションが使えるという前提の場合です)

(記事の主旨とは外れますが10分以内の通話でOKだという方にはこれがベストチョイスと思います)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

-スマホ
-,

Copyright© すもわ堂 , 2018 All Rights Reserved.